なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女の条件

わたしはずっと「女であること」を商品にしてきたので

周囲に「美女」と呼べるような女性がたくさんいました。

若い女の子は「女磨き」とか「いい女になりたい」なんて言いながら、
お化粧や服やコミュニケーションのテクニックとか勉強していますけど、
その努力のほとんどは無駄でしかありません。

美女の条件、それは

感受性の強さ、繊細さです。

感受性が強いというと、すぐ泣くとかすぐ動揺するとかイメージするかもしれません。心が弱い人のことを感受性が強いと言う人もいます。

でも美女の感受性はそうじゃないんです。

自分の言葉で話ができること
自分の感情を言葉にできること
相手の言葉を受け止めることができること
相手の意見を聞くことができること
相手の感情を想像することができること
相手を喜ばせようと考えるとワクワクすること

これを美女の感受性と呼んでます。

厚化粧して髪巻いて腰くねくねさせて歩いて甘い声だしても

話は下手で、やること話すこといちいち無神経で、
相手の神経逆撫でするようなことしかできない女は、美女とは呼べません。

ただの厚化粧女です。
厚化粧女は、若さを失っていく自分に焦りますよね。

可愛いは作れるかもしれませんが、美女は絶対に作れません。

美女は、女である自分の生きざまが作り上げてくものです。
それも一生かけて。

自分でできることは、今を一生懸命頑張って、相手を思う気持ちを忘れないこと。

美女と話をする時のあの気持ちの良さ
あの優しさ
あの豊かさ

さすがだと思います。


今、旦那がいるのに小賢しいセコい不倫しているおばさん。あんただよ。
お前にはババアがお似合いなんだよ。

厚化粧するほど気色悪いから。

スポンサーサイト

あなたの彼女は風俗嬢にはならない?

風俗嬢をしていた頃、ほんとうにげんなりする言葉がいくつかありました。

パターンなんですよ。

ちょっと真面目そうな男性の場合、何を言うかと思ったら、言うんですよ。

「風俗をしている君を尊敬するよ」って(笑)

尊敬ですか(笑)

その心は??

風俗って大変な仕事だと思う。嫌な客もたくさんいるだろうに、いつもにこにこして男を喜ばして、プロだと思う。

みたいなことですよ。そう言うんです。

なんていいますかね、そういうことを言って、喜ぶ風俗嬢が確かにいるんでしょう。

だから、「わたしはプロなの」っていう態度してる風俗嬢が出てくるんです。

でもね、わたしはこういう言葉を言う男が本当に嫌いでした。軽蔑しましたよ。

ようするにですよ?

ぼくは君に優しい言葉かけてるんだよ、ぼくは嫌な客じゃないんだよ、ぼくは君を尊重してるんだよ、
ぼくは君の仕事を認める度量があるんだよ、ぼくは君を下に見てないよ

みたいなことをアピールですよ

その目的は

「本番やらせて、それも生で」

なんです(笑)

もしくは

「ぼくと恋愛して、ぼくに惚れて」

です(笑)

んなわけねーだろって。とんでもねえ卑屈な男だよな。

そういう時、わたしは意地悪で性格が悪いのでこう返していました。

「ありがとー!こんな優しいお客さんはじめて」(笑)

そして

「あなたの奥さんって、風俗嬢やるようなタイプ?」

するとこう答えます

「うちの嫁は風俗やるような美人じゃないよ」

わたしはさらに返します

「もし生活に困って風俗やっていたらどうする?」

わたしは笑顔で無邪気そうなふりをして聞きます。

すると次第に顔が強張ってきて、言います。

「いや、うちの嫁は風俗なんか絶対しないタイプだから。」

これね、パターンです。

風俗嬢を尊敬するとか言ってる男に、あなたの彼女が風俗嬢だったらっていう想像を、情景描写豊かにイメージさせると、次第に苛立ってくるんです。

そして必ず言う。

自分の彼女は
自分の妻は
いくら困っても風俗嬢なんかやらない

だから言います。トドメのセリフを。

女は困ったら誰でもやるんだよ?
困ったら誰にでもやられるよ?


可愛い声だして言います(笑)

風俗嬢相手に適当に調子こいてると、自分がいちばん想像したくないところをぐさりと刺されますよ(笑)

金で女買ってるだせえ自分を忘れてカッコつけても、カッコつかないんですよね(笑)

男は見た目

わたしは、人から褒められないような仕事をして生きてきました。

特に女からは軽蔑されるか、哀れに思われるような、裏世界でお金を稼いできました。

その経験から、

男を見る目は確かです。

それも、ダメ男を見極めるのは間違いありません。

男は見た目で判断できる生き物なんです。

例外はありません。

裏世界で生きれば、誰でも分かるようになります。

お坊ちゃんみたいな顔して好青年風で、嘘ばかりついてる馬鹿はたくさんいますよね

ダメオヤジも見た目は同じ

安目を売ったオヤジも同じ

ついでに、体臭も同じなんですよ。

ちんぽの臭いを嗅ぎ分けてきたわたしですからね(笑)

男は見た目が全てです。

安目を売らない

安目を売らない

って言葉があります。

安易に借りを作ると、自分を不利な立場に追い込むって意味です。

運が悪い人はみんなこう。

特に男は。

安易に他人からお金借りては返さない

安易に他人に頼っては恩を返さない

だから、いざとなれば集中的に攻撃されたり

誰も助けなかったり。

安目を売りそうになったら

誰かに助けを求めそうになったら

男は泣きながらでもやせ我慢したほうがいいです。

お金がないなら、人前にでないとか

助けを借りなきゃできないなら、諦める

貧乏なのにサラ金で借りて風俗行くから、運がなくなるんですよ

逆に

頼まれたらなんでもやればいいです

わたしはそうしてます

恩を売るわけではないですが、それで不利な立場に追い込まれることはありません

いままで、わたしからお金借りた男は

全員、一円も返しませんでした。

そればかりか、逮捕された男、自殺した男、殺された男、廃人になった男、目立ちます。

ほんとに運がない。

安目を売れば、いつか死にます。

風俗嬢の彼氏

今の旦那さまと付き合い始めたのは、まだわたしが風俗嬢だった頃でした。

これは前のブログには書いてなかったけど、風俗をやってるのは秘密にしていました。

嘘ついてたんです。

付き合い始めてから風俗を辞めるまで、たった二ヶ月でしたけどね。

友達の居酒屋でバイトしてるって嘘ついて、でも車も時計も派手だった。

おかしいでしょ。それは。

わたしね、そういう嘘をついて、彼氏とか言っておいて風俗店でおっさんのちんぽしゃぶって精子飲んでるのことが、
別に苦しくもなんともありませんでした。

仕事だからとか考えていたし、もしそれを責められたら別れるとか逆ギレしてたと思います。

典型的な、風俗業で働いて人間腐った女の思考パターンです。

でもね、夜になると彼から電話があって。

仕事終わったよとか、何してる?とかそういう電話だったんですよ。でも当然夜は電話に出られないんです。

申し訳ないのが半分、うざいなって思うのが半分で。

その電話、当時のアニキ(アキラ師匠)が横で見てたんです。

「着信あるけど、出れば?」って。

出れるわけない。

風俗してる女って、仕事中は声にも精子の臭いがしてるんですよ。男の恥垢の臭いが電話でも伝わるんですよ。

それに、風俗時代の末期、アキラ師匠は気管支の病気でいつもひどく咳き込んでいました。

男が激しく咳き込む声がする隣で、彼氏の電話なんか出れないでしょうよ。

でも師匠がね、「俺が外出てるから」って。「彼氏なんだったらきちんと出ろ、シカトすんなよ」って言って。送迎車の車の外に出て、遠くでしゃがんで咳き込んでいました。

アニキは、風俗の仕事なんか仕事じゃねえんだから彼氏を優先しろって口癖でした。

女の子がまともな世界と接点持ってるのは彼氏だからって。

当時それを聞いて理解できなかったんですけど、今思うとアニキだけは染まってなかったんでしょうね。風俗に。風俗王だったくせに。

でも、電話に出たところで、嘘つくしかないんですよ。

今コンビニにいくところだったーとか。

こんなこと何回も繰り返していると、自分ひでえなって思いました。さすがに。
当時の旦那さんとは車で2時間以上離れた場所に住んでました。絶対バレるわけがないのをいいことに、平気で嘘ついてる自分がげんなりでした。

風俗嬢はこうやって、まともな世界の彼氏と遠ざかっていくことが多いんです。嘘つくより、風俗嬢ってことを分かってくれてるアニキみたいな男とだらだら過ごしたほうが楽ですし。

彼氏よりセフレのほうが楽ですし。

わたしなんかと付き合ったら不幸になるから別れて?って
風俗嬢が得意とする別れ文句ですね。

ほんとはそんなこと考えてない。ただ面倒なだけです。

だから風俗嬢は、どんどん風俗にはまっていくんです、そこが居場所になるんです。

わたしも旦那さんに何度も言いたくなりました。

でも言わなかった。別れるには惜しいいい男だったからです。

ずっと年上で、優秀で。セックスも激しくて。

すごいのはね

今の旦那さんは風俗やってるの知ってたんです。

なぜかって、それはずっと後になって知ったことでした。

わたしが店でまだフリー客に入っていた頃、一度だけ客として相手したことがあったらしいんです。

当然わたしは知りません。

元客。わたし、滑稽過ぎます。

嘘をついているのも、ごまかしているのも、全部バレてた。

普通は怒ると思うんですよね。嘘つくなって。それにわたしも、は?なんで黙ってんのってキレてもおかしくないんですけどね。

風俗やって、嘘ついてるのバレて、まるで滑稽な女ですよ。
しかも彼氏が、元客なのも知らずに。恥ずかしさのあまりにぶちきれてもおかしくないです。

誤解を招く言い方かもしれませんけどね、風俗嬢は、たいてい自分勝手な女です。自分勝手な理屈つけて嘘ついて彼氏と付き合ったりするんです。自分勝手だから彼氏いるのに風俗辞めないんです。やめろ言われたらキレるんです。

風俗やめろも言わず、

かと言って電話を普通にして、

でもセフレでもなく、

嘘も知ってて受け入れて

普通に一人前の女として自立するのを見守ってくれていて

どんだけ大人だと思いました。


残念な女を、もし見守ってくれている人がいるのなら
風俗やってる子はきちんとそれを受け止めるべきですよ。

アニキが言う通り、まともな世界に戻る足がかりは、彼氏ですから。


偏ってる?

むかしから、わたしは偏ってるとか批判されてきました。

考えかたや

仕事の仕方

セックスのしかた

じゃあ、偏ってないあんたらはわたしより実績出して、わたしより楽しく生きてるの?って

誰もそうじゃない

誰かが偏って見えたら

自分が右肩下がりに落ちてるだけかもよ?

世の中動いてる

世の中が斜めに見えたら

自分が波にさらわれそうになってるだけ(笑)


アキラブログは卒業へ

アキラブログは、2015年6月で卒業することになったそうです。

本人からは聞いていませんけど、もう決定らしいです。

終了告知もしない、と。

そうか。。

何も言うことはありません。

今までお疲れ様でした。





おはようございます

青森は雨です。

土曜日ですが、わたしは仕事。

今日はモデルやります。熟女がモデルやっていいんでしょうかね。

エロ系なのでなおさら(笑)子ども産んでますが(笑)

幸いに体型はまだ細いのですが、、、熟女モデルとしてはまだ需要があるみたいです(笑)

しかも今日は緊縛です。

頑張ってきます。

縛られて精子ぶっかけられて帰ってきます。

仲間のブログ

Suburbiaというリンクに、わたしの仲間のブログがいくつか載ってます。

ぜひ読んであげてください。

アキラ師、美咲、ぽっきいはどれも時間の波に洗われても未だに残っている本物のブログです。

調子こいて書いてすぐに消えるブロガーではありません。

人生の何かに役に立つと思います。

黙ってみていろ。すぐに分かるから

わたしは田舎うまれのドン臭い元風俗嬢です。

でもわたしが自信を持っているのも、風俗嬢から社会に出てきて世の中をじっくり見れた経験そのものです。

わたしはまだたったの30代の女ですけど、
20歳だった頃と比べたら、人や出来事を冷静に見られるようになりました。

何が本物で
何がにせものなのか

はっきり見えます。

いま何を信じたらいいのか
いま誰を切るべきなのか

いま発言するべきか
いま黙っているべきか

いまおとなしくしているべきか
いま行動するべきか

目立つべきか
控えているべきか

よーく見えるようになったのは、わたしが底辺から出てきた粗末な女だからこそです。


人は嫉妬する生き物です。
人はプライドがある生き物です。
人は自分勝手な生き物です。

誰だってそうでしよ?

それが自然な姿なんですけど、いい年になってその自然に身を任せっぱなしになってる大人が多すぎるんです。

嫉妬からいじわるし
プライドから嘘をつき
自分勝手に他人を騙す

そうやって自分の人生を、一番痛めつけていますよね。

会社でもあるじゃないですか。

嫉妬から同僚の足を引っ張ったあげく、自分はうだつが上がらず退職し、粗末な転職人生になってる男とかね。

いるいる・・・って思ったあなた、あなたがそうなんじゃないですか?(笑)

自然な感情に流されていれば、ただのガキおやじ、ガキババアなんですよね。

でも、そんな人のほうが目立っていて、うまくやっていたりします。

でも感情をコントロールして生きている人間からは相手にされません。

そう、本物の人たちからは評価されないのです。にせものは。

わたしの尊敬する大先輩、Yさん(当時52歳)が、駆け出しの経営者だったわたしに言ったことを覚えています。

「即断するな。しばらく黙って見ていろ」

世の中のことの9割は、自然に身を任せた下衆が感情だけでぴーちくやってるだけのこと。

重要なのはたった1割しかない。

その1割だけを見て仕事をすればいい。それは、多少決断が遅くても、手遅れにはならない。なぜなら9割の人間はそこを見ていないから競争がないから。

そういうことでした。

黙ってみていろ

わたしの人生訓です。

クラスの子をいじめていた女は、学校を卒業して10年もしないうちにあっという間に底辺の生活をしていたり

他人の手柄を横取りした同僚の男は、おべんちゃらで取り入った上司の不正発覚で自分も左遷されてしまったり

どうせばれないからって不倫ばかりしている主婦は、そのうちこっぴどく傷つくようなやり方で離婚されてしまったり

おまえな~って腹も立てること一杯ありますし、納得いかないこともたくさんありますけどね

大丈夫です

黙ってみていろ、なんです。

今この瞬間に目立っているスターなひとも、黙ってみていれば9割は転落します

残るのは1割

黙ってみていれば、その1割は誰なのか、なんなのか、よーく見えてきます

底辺から出てきた人間は、みんなこの黙ってみていることが得意ですよね。


仕事も
男も
変態も
セックスも

ぽっと出てきたようなものは信用しないことにしています。

1割の本質は、理解するのに時間がかかるものなんです。

逆に、長年付き合ってきた男には、どんなかっこいい男も敵うわけがないものですよね。


Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。