なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その商売は上手くいきません・・・

わたしの高校時代の同級生が、お店を始めるので遊びに来てって誘われたので、今日ちょっと行ってきました。

高校のときからその子はおしゃれで、卒業してからすぐに大きな街に引っ越して古着屋に勤めたんです。

やりたいことがはっきりしてる子ってすごいなあって思ってました。当時はね。

30代すぎてから初めて持った自分の店っていうのも、やっぱり古着屋でした。

でも特に新しいものはありません。古着を仕入れてきて、利益を乗せて売る。それだけです。

住宅地の戸建てのアパートを借りて、そこが店舗です。

看板も結構オシャレにつくって、まあまあ、古着屋と言われたらそうなのかもねっていう雰囲気になってました。

中に入ってみて、ちょっと・・・うーん・・・となりました。

商品が少ないんです。

セレクトショップでもなく、ただの古着屋です。なのに、イタリアの超高級ブランドのショップのような陳列の少なさ。ちょっと異常です。

正直に、なんでこんなにがらーんとしてるの?って聞いたらね、
実はなつきちゃんに相談したくて・・・となりました。

前に勤めていた店の社長と喧嘩別れして出てきてるんです。なので自己資金がなけなしの貯金、200万円しかないとのこと。

それで店を借りる初期費用、看板、什器、フライヤー、1人いるアルバイトの子の時給、火災保険、それを払った残りが仕入れのお金だったとか。

古着の仕入れの仕方なんて詳しくはないですけど、それでも仕入れそのものと同じくらい旅費がかかるのは想像がつきます。
結局、その旅費が出せないから仕入れもできず、この状態だというのです。

なので資金繰りとして、今後どうしたらいいか私に相談したかったということでした。

銀行はそもそも無理なので公庫から資金を借りようか、とかいろいろ言うんですけどね。

貯金から200万円と、実は親からも100万円借りているそうです。

ここまで読んだ方も思ったと思いますけど・・・

「辞めたら?」って言いそうになるのを我慢して考えていました。

まず古着屋を、リアルショップで、田舎の住宅街で、無名の経営者が、個人で、在庫も薄く、資金もなく、ってそれは無理でしょうよ。

彼女はブログもInstagramもフェイスブックもネットショップも集客スキームもありません。純粋にお店を開けば誰かが買いに来るっていう昭和の商売をしようと思ってるようなのです。

商店街の八百屋じゃあるまいし。

前に勤めていたお店はよく知りませんが、業界では老舗の大きな会社だったようです。そこの社長と喧嘩したっていうのを思い出してみて、きっと彼女に経営感覚がなく、そこがきっかけだったのがすぐ分かります。

店の家賃は7万円、アルバイトの人件費に12万円、光熱費5万円、その他の経費でも安く見ても数十万円。固定費が大きすぎるわりに売上を立てるための商品が少ないって。仕入れしながら売上をあげる資金繰りも考えてないし。

これで運良く融資を受けたとしたら、あっという間に破綻します。たぶん融資はされないでしょう。このまま終わりです。

素人の無計画な商売ごっこでした。

なぜ、自分ができることからはじめないのか私の感覚にはありませんでした。なぜ資金繰りが難解極まりないリアルショップなのか、なぜ固定費をかけるのか、なぜ事業計画がないまま店ができてるのか、意味不明です。

上手くアドバイスはできず、子供のTシャツを3枚買ってきただけでした。それなりにかわいいのは揃ってました。でも3枚で8000円。商品が3枚なくなって、その代わりに8000円が収入になっただけ・・・

それでもなんか可哀想だったので、正直に言いましたよ。

今のうちに店を出て、自宅で仕入れをメインにやって、収益あげるスキームを考えぬいてから再スタートしたら?って。

でもそれは受け入れられないようでした。なぜなら、彼女の夢は「自分の店を持つこと」だからです。
売上とか利益がどうこうではなく、自分の店ができてそれで満足しつつあるからです。

もう・・・無理だよそれは。

社長は孤独ですね。美咲ちゃんが言うように。この状態で叱ってくれる人がいないんですから。
友達のわたしももうそれ以上は言えません。

そら恐ろしい。

恐怖の館かと思いました。


スポンサーサイト

野生を飼いならさないと恋愛はうまくいかない

昨日のブログに少し反響がありました。

でも少しわかりにくいのでもっとかいつまんでお願いしますと言われました。

はい。文才がないので申し訳ないです。

もう少し分かりやすく書こうと思います。

男と、女の恋愛の違いについてです。

男は、女が永遠に自分のものだと思い込む。
女は、この関係は今だけでしかないと思ってる。


ここ分かりにくいですよね。

男にとって、自分の彼女や妻はお母さんなんですよ。
無条件の愛情を惜しみなく注いでくれる母。お母さんは一生お母さんです。

だから、男は自分の女が自分の思い通りにならないと怒るのです。
だから、男は自分の女が自分以外の男のところにいかないか怖いのです。

でも男は、そのために何か努力はしません。なぜならお母さんは無条件の絶対的な存在だからです。
努力しなくてもお母さんはお母さんですからね。

逆に女はまったく違います。

自分の彼氏や夫をお父さんとは思っていません。

全ての女性がそうだとは思いませんけど、女性の多くは恋愛に「永遠」という概念はありません。
彼氏や夫は絶対的な存在でも、永遠にいる存在でもないとどこかで思ってます。

もちろん、慣れとか依存とか愛着とかはありますが、男の存在が永遠なものだとは思ってませんよね。
永遠であるとか永遠でないとか、考えることもほとんどありません。

女性にとって見えているのはなんですよ。現在。

未来が今の積み重ねでしかないのが女です。
男にとっての未来は、計画なんですよ。

極端な表現しますけど、女にとって男は、利用すべき踏み台です。
より強い男を求めて、また新しい出会いをどこかで求めています。

男の多くは勘違ししていますし、そう思いたくないでしょうけど、女は安定を求めているわけじゃないんです。
本当のところは、男に頼りがいを求めてるわけじゃないんです。
求めてるのは便利さと強さ。つまり、賢くて優秀で金持ちで強いこと。極端に言えばですよ?

根本的に男と女はこんなに違う。

依存心が強いのは必ず男です。
女は依存心が強く見えていてもそれはただの愛着でしかありません。

こう考えていくと、恋愛の弱者は男ですね。圧倒的に弱いです。
女は男にムカつくことが多いでしょうけど、男はあなたより弱いんですよ。
強がってみせていても、簡単に恋愛で精神崩壊します。俺そんなことにならないよなんて言っても、経験したことないだけです。

この説は極端な分け方です。

実際は、恋愛経験を積んでもっとバリエーションが出てきます。

本当は束縛したいけど我慢している男性、
必死に女性を理解しようと我慢している男性、
男性に永遠のお父さんを求めている女性もいるかもしれません。(お父さん的な何かを求めている女性は多いですけど)

でも、根っこの部分は男と女はだいぶ違います。

恋愛が上手くいくかどうかって、自分の中の野生みたいな野放しの部分を飼いならして人間関係をきちんと築けるかどうかにかかってるんですよね。


よく分からない男ゴコロ

アキラのアニキがね、「知れば知るほど分からなくなるのがオンナゴコロ」みたいな俳句みたいなこと言ってました。

いやいや、あなたが女を複雑化させてるんでしょうよって突っ込みたくもなりますけど。

わたしもあなたのおかげですっかりややこしい女になりましたよ。
あなたの優しさと愛情が深すぎて女を溺れさせるんでしょうよ。溺れかけた女はあなたに素直になれないだけ。

あなた以外と付き合う女はそんなに複雑なものではございません。あしからず。

といっても、わたしにとっては男ゴコロこそよく分かりませんよ。

普通の男の心が分からなくなったのもアキラのアニキのせい。

時々びっくりするんですよ。平均的な男性のほとんどは、女が自分のものになるとあぐらかいてしまうってことに。

よくもそこまで一人の女が無条件で自分のそばに居続けるって思えるもんだねって。

女は違いますよね。女は基本的に自由です。一人の男だけのものにはなれない。なる気がない。今、たまたまあなたといるだけ。

この先は分からない。
結婚したって、そういう感覚があるのが女です。

だから女はいつも今を楽しでるんです。

だから、女は男に対しても危機感があるんです。私よりも先にこの人から別れを告げられるんじゃないかって。

女は刹那とも言えますね。自分勝手とも言えますけど。

でも男は違う。釣ったら何もしなくても自分と一緒にいるんじゃないかって思うのです。
食わせてやってるんだから、離婚なんてしないだろう。俺がいるから他の男とセックスしないだろうって。
俺だって浮気しないんだからお前も浮気しないだろうって。

危機感が欠落してるのは、男が女性である母親に育てられているせいです。

母は常に母でいますよね。母は無条件の愛を注いでくれます。
母は死なないかぎり息子を捨てるようなことはしません。

だから、自分の女も同じ、と。自分を見捨てるわけがない、と。

母と自分の女は違うんだよってことに気づいてない。
自分の彼女や妻も、自分の息子には同じようにしますけど、夫や彼氏であるあなたには同じように考えられない。

女はそういう生き物なんです。自分の子孫を残して育てる本能が、男より強いからです。自分の生殖相手は常に変わってもいいけど、血のつながりだけは絶対的な価値、ということなんです。

ところがややこしいことに、この女性的な感覚を歪んだ形で持つ男もいます。

くだんのアキラのアニキです。

自分の女に対し強い危機感を持ち
子供のように深い愛情で接し
同時に刹那でもあって
いついなくなるんだろうっていう不安感と
常に新しい生殖相手を探す刹那と
全部持ちあわせてます。

これはむしろ女はたまらない。悪い意味で。

女は常に自分が状況をコントロールしたい生き物です。

なのに、自分よりも女性的で刹那で、一方でものすごい愛情深く絶対にあぐらをかかない。

深く愛してくれるのに違う女の匂いが消えない。というか。

実際は違う女なんて作らないアニキなのに、いつも疑われてしまう。自分ではその理由が分かってないようですが。

愛情深い刹那男は、めったにいませんがいればすぐに気づきます。

めっちゃ色っぽいですから。なのに時々お父さんみたい。お兄ちゃんみたい。子供と大人、男と女。両立させてます。

こういう男には溺れるに限ります。勇気いりますけどね。男性的なあぐらをかく女性ならいいでしょうけど、そういう女性を好まないのも刹那男の特徴。
危機感を持っていつも愛を注いで、信じてあげる母のような心と、悪い女のような色っぽさを同時に発揮する女しかこのタイプには無理です。

めったにいませんけどね。この複雑怪奇な男は。私の知る限りアニキだけです。

普通の男心を持つ男性は、ものすごく嫉妬深く束縛するのが特徴です。

これに女性は理解できずついていけません。

こういう時、男性になんて言えばいいのか?

それはね

「根拠もなく疑うなんて私を甘くみてない?」って言えばいいんです。

男性はドキッとします。男性は筋が通らない事を嫌います。これを言われると、はっとしてすぐ謝るのが面白いほどです。

間違っても男性が女性にこれを言ってはいけません(笑)確実に炎上します。

2016年!

あけましておめでとうございます。
2016年が始まりましたね。

精神的ショックもあって、しばらくブログをお休みしていました。
なんとか立ち直りつつ・・・あるのかな。

また書き始めていこうと思ってます。

書こうと思って溜め込んでるテーマもありますよ。

アキラや美咲ちゃんのついででいいので、たまに読んでくださいね。

それでは2016年も元気にやっていきましょう!

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。