なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこしエロ時代の話でもします

私は元風俗嬢です。

前も書きましたけど、最初は借金に困って始めた風俗の仕事でした。

風俗嬢がこういう話をすると、昔話はみんな一緒になりがちなんですよね。

辛かったけど頑張りました、ひどい客もいたけどいい人ばかりでした、みたいなね。

なぜ、みんな同じようなことしか書けないのか、それには理由があるんです。

まずは私の体験を話します。

風俗の仕事は、常に安定してクソ馬鹿くだらない仕事でした。

前のブログにも書いていましたけど、客はみんなこういうことを聞きたがるんですよ。

「客の中にはキモいオヤジとかもいるんだろ?」って。

みんな言いますよね。

若くて調子ぶっこいた風俗嬢だったわたしは必ず言いました。

「いるよー、みんなあなたみたいなかっこいい人だったら仕事楽しいのになー」って(笑)

はい、嘘ですよ。

みんな平等に、一切例外なく、全員気持ち悪いです。年齢も職業も服装も体型も一切関係なく。

風俗利用してる男は全員等しく気持ち悪いだけであって、例外はありません。誰一人かっこいい人もいい人もいません(笑)

男性はみんなそうです。自分を誰かと比べて有利に立ちたがります。

他の客、前の彼氏、むかしの男、会社のオヤジ・・・

でも、申し訳ないですけど、ほんのすこしも違いはありません。

風俗なら特に、女は自分のことしか考えていません。自分のことしか興味がありませんのでね。

風俗時代のことを自分でブログなんかに書こうとすると、実は何も書くことがないんですよ。ほとんどの風俗嬢がそうだと思います。

何にも意識に残らない毎日なんですから。男の違いなんて気にしませんよ。夏に部屋に迷い込んだ蛾よりも興味がありません。

なのでどうしても書こうとすると、どこかで読んだようなことをちょっと変えて書くだけ。

風俗の客でいい人なんかいるわけないじゃないですか(笑)
金回りがいい客と、金がない客、しつこい客、かっこつけた客、馬鹿な客、それくらいの違いだけです。

風俗時代の末期は、私は固定客だけの稼働でした。

でもそれを客に言うと、自分=固定客=特別扱い、みたいに勘違いしていましたね。

違います。

お前=固定客=金づる、です。効率よく集金できる客でしかありません。商売用の携帯のアドレスを教えていました。すると、四六時中、ロマンチック気取りのメールが来るんですよ。みんなみんな。こんな出会いだけど、きっと運命なんだよとか。

運命だとしたら、不運ですよ(笑)

こいつらよくやるわ思ってました。

たまにアニキがメールの返事していましたよ。俺に一晩貸してみろって言われて(笑)これまた上手に返事するんですよ。性感帯刺激しまくって。

そんなものです。風俗なんて。

せっかく稼いだお金が勿体ないと思いますよ。いくら風俗嬢に夢見ても、風俗嬢はあなたのことに一切興味ありません。

そうそう。これも客はみんな言いました。

「風俗の仕事がんばっていて、尊敬する」って(笑)

だからすごい、と。

だから本番やらせろ、と。

だから店外で愛人になれ、と。

わたしに言わせてもらえれば、金を無意味に売春婦に貢いで尊敬します(笑)

尊敬する人探してるなら、他にもっとあるでしょうよ。

まずは自分が尊敬される人間になってよ。妻と子供がいるのに、出張のたびに風俗嬢呼んでないで。

こうして、わたしは客のことが本当に馬鹿にしか思っていませんでした。

残念ですが。

それは突き詰めるところ、わたしが自分のことが好きじゃなかったからです。

そんな自分に気に入られようとカッコつけて迫ってくる男が、大嫌いだったんですよ。

多くの風俗嬢はこんなものだと思いますよ。

風俗嬢で、自分を接客業だと思っている子がいるとしたら、知能を疑ったほうがいいです。いますけどね、ごくまれに。

知らない男のちんぽしゃぶるくらいどうってことないですけど、そこに湿った感情向けられると気持ち悪すぎるんです。


風俗の仕事を辞めてもう何年も経ちます。

でも風俗をする前から何が変わったかと言うと、セックスが好きではなくなりました。わたしはね。

今も性欲は強くはありません。

セックスは得意ですけど、好きではないんです。

スポンサーサイト

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。