なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗嬢の彼氏

今の旦那さまと付き合い始めたのは、まだわたしが風俗嬢だった頃でした。

これは前のブログには書いてなかったけど、風俗をやってるのは秘密にしていました。

嘘ついてたんです。

付き合い始めてから風俗を辞めるまで、たった二ヶ月でしたけどね。

友達の居酒屋でバイトしてるって嘘ついて、でも車も時計も派手だった。

おかしいでしょ。それは。

わたしね、そういう嘘をついて、彼氏とか言っておいて風俗店でおっさんのちんぽしゃぶって精子飲んでるのことが、
別に苦しくもなんともありませんでした。

仕事だからとか考えていたし、もしそれを責められたら別れるとか逆ギレしてたと思います。

典型的な、風俗業で働いて人間腐った女の思考パターンです。

でもね、夜になると彼から電話があって。

仕事終わったよとか、何してる?とかそういう電話だったんですよ。でも当然夜は電話に出られないんです。

申し訳ないのが半分、うざいなって思うのが半分で。

その電話、当時のアニキ(アキラ師匠)が横で見てたんです。

「着信あるけど、出れば?」って。

出れるわけない。

風俗してる女って、仕事中は声にも精子の臭いがしてるんですよ。男の恥垢の臭いが電話でも伝わるんですよ。

それに、風俗時代の末期、アキラ師匠は気管支の病気でいつもひどく咳き込んでいました。

男が激しく咳き込む声がする隣で、彼氏の電話なんか出れないでしょうよ。

でも師匠がね、「俺が外出てるから」って。「彼氏なんだったらきちんと出ろ、シカトすんなよ」って言って。送迎車の車の外に出て、遠くでしゃがんで咳き込んでいました。

アニキは、風俗の仕事なんか仕事じゃねえんだから彼氏を優先しろって口癖でした。

女の子がまともな世界と接点持ってるのは彼氏だからって。

当時それを聞いて理解できなかったんですけど、今思うとアニキだけは染まってなかったんでしょうね。風俗に。風俗王だったくせに。

でも、電話に出たところで、嘘つくしかないんですよ。

今コンビニにいくところだったーとか。

こんなこと何回も繰り返していると、自分ひでえなって思いました。さすがに。
当時の旦那さんとは車で2時間以上離れた場所に住んでました。絶対バレるわけがないのをいいことに、平気で嘘ついてる自分がげんなりでした。

風俗嬢はこうやって、まともな世界の彼氏と遠ざかっていくことが多いんです。嘘つくより、風俗嬢ってことを分かってくれてるアニキみたいな男とだらだら過ごしたほうが楽ですし。

彼氏よりセフレのほうが楽ですし。

わたしなんかと付き合ったら不幸になるから別れて?って
風俗嬢が得意とする別れ文句ですね。

ほんとはそんなこと考えてない。ただ面倒なだけです。

だから風俗嬢は、どんどん風俗にはまっていくんです、そこが居場所になるんです。

わたしも旦那さんに何度も言いたくなりました。

でも言わなかった。別れるには惜しいいい男だったからです。

ずっと年上で、優秀で。セックスも激しくて。

すごいのはね

今の旦那さんは風俗やってるの知ってたんです。

なぜかって、それはずっと後になって知ったことでした。

わたしが店でまだフリー客に入っていた頃、一度だけ客として相手したことがあったらしいんです。

当然わたしは知りません。

元客。わたし、滑稽過ぎます。

嘘をついているのも、ごまかしているのも、全部バレてた。

普通は怒ると思うんですよね。嘘つくなって。それにわたしも、は?なんで黙ってんのってキレてもおかしくないんですけどね。

風俗やって、嘘ついてるのバレて、まるで滑稽な女ですよ。
しかも彼氏が、元客なのも知らずに。恥ずかしさのあまりにぶちきれてもおかしくないです。

誤解を招く言い方かもしれませんけどね、風俗嬢は、たいてい自分勝手な女です。自分勝手な理屈つけて嘘ついて彼氏と付き合ったりするんです。自分勝手だから彼氏いるのに風俗辞めないんです。やめろ言われたらキレるんです。

風俗やめろも言わず、

かと言って電話を普通にして、

でもセフレでもなく、

嘘も知ってて受け入れて

普通に一人前の女として自立するのを見守ってくれていて

どんだけ大人だと思いました。


残念な女を、もし見守ってくれている人がいるのなら
風俗やってる子はきちんとそれを受け止めるべきですよ。

アニキが言う通り、まともな世界に戻る足がかりは、彼氏ですから。


スポンサーサイト

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。