なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫女に共通する感受性の欠如

不倫女に共通するのは、感受性の不足だって書きました。

これをもっと言うと、

不倫女は「他人を心配する」ことが苦手です。

苦手というより、能力として一切できないのです。

性格というより、脳の問題なのかもしれません。共感する力がまったくないんですよ。

そしてそれだけならまだしも、不倫女が嫌なのはそのセコさ。

「相手を心配するそぶりをすると自分の評価が上がるかも」と、次第に思いつくようなんです。

それも、不倫相手の男に何かがあってもそうなんですよ。

昔、美咲ちゃんのブログに書いてた人のことを覚えています。

不倫相手の既婚男性と会う約束をしていた既婚女性の話。

夜密会しようと待ち合わせしていたら、男性からキャンセルのメール。

子供が公園の滑り台から落ちて怪我したというのです。

普通ならもちろん子供さん大丈夫?わたしのことはいいからそばにいてあげて!って言うはずです。
普通なら。

でも不倫女は違います。これ、ほとんどの不倫女に共通すると思います。

返ってきたメールは

「・・・そうなんだ。仕方ないね。」

そして5分後にまたメール

「わたしのこと好きなの?」

返事をしないとさらに5分後

「子供には悪いけど、やっぱり会いたい」

さらに5分後

「やっぱり無理だよね?」

その1時間後

「子供大丈夫?」

そしてその夜中

「奥さんと一緒にいるの?」

こういうのって、珍しいことではありません。ほとんどの不倫女に共通することなんですよ。

とっさに、会えないことに不満を持つ、それから気付いたように子供の心配する、その次に、相手の家族を意識するのか嫉妬をし出す。

相手の子供にすら嫉妬するのが不倫なのかもしれませんが、人としてめちゃくちゃですね。

自分も旦那と子供がいる立場であるにも関わらずです。

人は、とっさに出てくる言葉がその人の人間性を表してるものですよね。

心の奥で何をベースにして生きているのか、とっさの言葉に出ますよね。

この不倫女は

「そうなんだ仕方ないね」でした。

さすが不倫する女だけあって、根性が腐ってます。

これは、性格ではないんです。

脳です。脳の機能が欠落してるんです。

あと数十年も経ったら、不倫する男女にれっきとした病名がつく時代になるかもしれませんね。

ゴミ屋敷が精神疾患であるように。

不倫と、不倫する人間の感受性の無さを、性格とかモラルで議論するのは筋違いかもしれません。





スポンサーサイト

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。