なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由だけど自由とは思えない

わたしは自営業者で小さなオフィスを経営してます。

スタッフは5人の女性だけ。すこし増えました。

総勢6名です。

就業時間の決まりはありません。

休むかどうかを事前に申告しておけば、まとまった休みでもとれます。

これはコクーンやサバービア時代もそうでした。

昼に来て、1時間だけいて帰るスタッフもいます。

朝5時に来て、深夜まで詰めてるときもあります。

月に2回、わたしとレビューする時間だけ取れたらいいのです。

フレキシブルとかかっこいい言葉もありますけど、そういう雰囲気じゃなくて自由にしてるんです。

こう言えば、若い子は興味を示してくれるんですけどね

残念ながら若い子には無理だと思います。

自由であると同時に、仕事の成果にはコミットメントしてもらってます。

自分の給料と社会保険料、オフィスが使う経費、これらを合わせた金額の倍の利益を年間で出せなかったら解雇します。

365日のうち、364日休んでも構いません。

でも年間のコミットメントを下回るか、下回る予想がついたら辞めてもらうルールです。

一方で、収入は上限がありません。

一定以上の利益を会社に入れたら、あとは全部自分のものです。

現在、年収で税込み数千万円の34歳の女性がいます。子供が3人いるシングルマザーです。仕事に使える時間は、一日5時間だけ。土日は完全に休んでます。

完全に、プロの職場なのです。
ダメだった時には去るのみ。すべて自分のせいです。

働かなくていい自由と、どれだけ働いてもいい自由と両方あります。

今日も、土曜日ですけど誰かが仕事しているかもしれませんし、昨日の深夜に誰かが事務所で仕事していたかもしれません。

若い子は最初興味を持ちますけど、1ヶ月でギブアップします。

これが出来る子なら、最初から大手企業でOLがきちんとできる子でしょうからね。

会社員ができないから自由な仕事をする、みたいな感じだと、ただ貧乏するだけです。

自由であることが怖くなる、そんなオフィスがわたしの職場なんです。

でも、こんな働き方、生き方がこれから増える気がします。

固定給でダメ社員を養う時代はもう過ぎましたよね・・・
スポンサーサイト

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。