なつきレッスン2

元デリ姫なつきです。風俗辞めて10年、見てきたこと考えてきたこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく分からない男ゴコロ

アキラのアニキがね、「知れば知るほど分からなくなるのがオンナゴコロ」みたいな俳句みたいなこと言ってました。

いやいや、あなたが女を複雑化させてるんでしょうよって突っ込みたくもなりますけど。

わたしもあなたのおかげですっかりややこしい女になりましたよ。
あなたの優しさと愛情が深すぎて女を溺れさせるんでしょうよ。溺れかけた女はあなたに素直になれないだけ。

あなた以外と付き合う女はそんなに複雑なものではございません。あしからず。

といっても、わたしにとっては男ゴコロこそよく分かりませんよ。

普通の男の心が分からなくなったのもアキラのアニキのせい。

時々びっくりするんですよ。平均的な男性のほとんどは、女が自分のものになるとあぐらかいてしまうってことに。

よくもそこまで一人の女が無条件で自分のそばに居続けるって思えるもんだねって。

女は違いますよね。女は基本的に自由です。一人の男だけのものにはなれない。なる気がない。今、たまたまあなたといるだけ。

この先は分からない。
結婚したって、そういう感覚があるのが女です。

だから女はいつも今を楽しでるんです。

だから、女は男に対しても危機感があるんです。私よりも先にこの人から別れを告げられるんじゃないかって。

女は刹那とも言えますね。自分勝手とも言えますけど。

でも男は違う。釣ったら何もしなくても自分と一緒にいるんじゃないかって思うのです。
食わせてやってるんだから、離婚なんてしないだろう。俺がいるから他の男とセックスしないだろうって。
俺だって浮気しないんだからお前も浮気しないだろうって。

危機感が欠落してるのは、男が女性である母親に育てられているせいです。

母は常に母でいますよね。母は無条件の愛を注いでくれます。
母は死なないかぎり息子を捨てるようなことはしません。

だから、自分の女も同じ、と。自分を見捨てるわけがない、と。

母と自分の女は違うんだよってことに気づいてない。
自分の彼女や妻も、自分の息子には同じようにしますけど、夫や彼氏であるあなたには同じように考えられない。

女はそういう生き物なんです。自分の子孫を残して育てる本能が、男より強いからです。自分の生殖相手は常に変わってもいいけど、血のつながりだけは絶対的な価値、ということなんです。

ところがややこしいことに、この女性的な感覚を歪んだ形で持つ男もいます。

くだんのアキラのアニキです。

自分の女に対し強い危機感を持ち
子供のように深い愛情で接し
同時に刹那でもあって
いついなくなるんだろうっていう不安感と
常に新しい生殖相手を探す刹那と
全部持ちあわせてます。

これはむしろ女はたまらない。悪い意味で。

女は常に自分が状況をコントロールしたい生き物です。

なのに、自分よりも女性的で刹那で、一方でものすごい愛情深く絶対にあぐらをかかない。

深く愛してくれるのに違う女の匂いが消えない。というか。

実際は違う女なんて作らないアニキなのに、いつも疑われてしまう。自分ではその理由が分かってないようですが。

愛情深い刹那男は、めったにいませんがいればすぐに気づきます。

めっちゃ色っぽいですから。なのに時々お父さんみたい。お兄ちゃんみたい。子供と大人、男と女。両立させてます。

こういう男には溺れるに限ります。勇気いりますけどね。男性的なあぐらをかく女性ならいいでしょうけど、そういう女性を好まないのも刹那男の特徴。
危機感を持っていつも愛を注いで、信じてあげる母のような心と、悪い女のような色っぽさを同時に発揮する女しかこのタイプには無理です。

めったにいませんけどね。この複雑怪奇な男は。私の知る限りアニキだけです。

普通の男心を持つ男性は、ものすごく嫉妬深く束縛するのが特徴です。

これに女性は理解できずついていけません。

こういう時、男性になんて言えばいいのか?

それはね

「根拠もなく疑うなんて私を甘くみてない?」って言えばいいんです。

男性はドキッとします。男性は筋が通らない事を嫌います。これを言われると、はっとしてすぐ謝るのが面白いほどです。

間違っても男性が女性にこれを言ってはいけません(笑)確実に炎上します。

スポンサーサイト

Newest

Designed by Akira.
Copyright © なつきレッスン2 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。